オススメ ガジェット 健康

【歯の健康】ジェットウォッシャードルツを使ってみた感想

こんにちは!

以前Xに投稿したように、パナソニックの「ジェットウォッシャードルツ」を今回の帰国時に買ってきました。

結論から言うと、大満足!!

ということで、今日は使い始めて2ヶ月が経つ「ジェットウォッシャードルツ」の商品レビューをしたいと思います。

EW-DJ55 商品スペックと使用方法

据え置きタイプは、さすがに場所を取り過ぎるので却下。

コードレスタイプのEW-DJ55は、ポイント磨きノズルと舌磨きノズルもセットで付いてきて、口腔内をトータルでケア出来る所が気に入り、迷わずこのモデルを購入しました。

EW-DJ55 スペック

防水性能○(IPX7)
海外使用※1
タンク容量約200mL
給水1回での使用時間超音波水流ノズル 約1分
ポイント磨きノズル 約55秒
舌磨きノズル 約40秒
(水圧レベル「5」設定時)
電源方式充電式
充電時間約1時間
定格電圧AC100-240V 50-60Hz
消費電力約10W(充電時)
使用時間約1時間フル充電で約10分間使用可能
本体寸法高さ31×幅7.5×奥行き8.5cm(舌磨きノズル含む)
本体質量約276g(舌磨きノズル含む)
Panasonicホームページより

使用方法は簡単。

タンクに水を入れて、水圧のレベルを調節(5段階)

後は歯間や歯に目掛けてジェットを噴射するだけ。

僕は最強の5で使っていますが、一番初めは3くらいから試してみるのが良いでしょう。

Amazonのレビューなどでも書かれていますが、5は痛過ぎるという人が多いようなので。

注意点としては、水が飛び散るので洗面所ではやらない方がいいという事。

水圧を3くらいまでに抑えるのなら良いかもしれませんが、慣れていないと周りが水浸しになってしまうかもしれません。

お風呂場やシャワールームで使いましょう。

使用感

使用してみてまず感じるのが、その爽快感。

最強5のジェット水流で、歯間に詰まった食べカスを吹き飛ばせます。

じゃあこれで面倒くさいフロスはもう不要か?というと、残念ながらそうでもない。

ドルツ使用後にフロスをすると、確かにほとんど食べカスは残っていませんが、それでもやっぱり取りきれていない場合もあるので。

逆に、歯ブラシで取りきれない歯の表面の汚れ(特に奥歯などの凸凹部分)を強力な水流で弾き飛ばすことが出来ます。

これもやっぱり爽快で、使用後の口内はスッキリで歯もツルツル。

パナソニックがHPで謳っている「パワフルで爽快な使用感」は確かにその通りだと感じます。

良い点╱悪い点

良い点はシンプルで使い方が簡単な所。

ノズルの付け替えも、ボタンを押して取り外し、お好みのノズルを「カチッ」というまで差し込むだけ。

この辺りはとてもしっかりとした作りになっています。

そして秀逸なのが舌磨きノズル。

今までは歯磨きの際に歯ブラシでゴシゴシと磨いていたのですが、力を入れても中々綺麗に汚れが落ちませんでした。

それがこれを使うと不思議な程に綺麗に落ちるっ!!

さすが舌専用のブラシ。

本当にこれだけでも、もっと早くから使っていたかった…

では悪い点は?

正直ほとんど文句の無い製品で、不満は全然無いんですよね...

強いて言うなら、コードレスタイプとはいえ、これもそれなりに場所は取るということ。

ベース(充電器)の横幅は8.5cm
奥行きは10cm

洗面所のスペースに余裕が無い方は、まずは置き場所をきちんと確保してから購入しましょう。

後はAmazonのレビューに書かれていた、音の大きさについて。

ポンプで水を汲み上げる「カタカタカタカタッ」という音ですが、僕はあまり気になりません。

歯はとにかくめちゃくちゃ大事

歯の健康については、以前ブログに書きました。

そもそも「健康」というのは自分が持つ一番大事な資産。

そして口腔内の健康は、実は全身の健康にも影響する重要な部分で本当に侮れない。

今回両親と旅行に行った際に父親が

「あんまり固いものは食べられない」

と言って来ました。

若い頃かなりのヘビースモーカーだったので、歯だけではなく歯茎の方も大分弱っているみたい。

ある意味歯そのものよりも、それを支える歯茎という土台の方がもっと大事。

そんな大事な歯茎を健康に保つ為には「歯周ポケット」の汚れを落とすドルツが欠かせない。

今回、両親共に言っていた「歯だけはきちんとしておくべきやった」という言葉がとても印象に残っています。

自分が歳を取った時に同じ後悔をしたくない。

だから今の内から出来ることはキチンとやっておく。

電動歯磨き、フロス、ウィートグラス(詳細は過去記事を参照)に加え、このドルツ。

歯は一旦悪くなるとQOLもドッと落ちるし、お金も掛かる。

そう思えばたった2万円のドルツを買わない理由は無い、というのが今回の僕の結論。

一生自分の歯で食事を楽しみたい人は、是非一度ドルツを試してみては?

ではまた!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

-オススメ, ガジェット, 健康